2016 US SUMO OPEN OVERVIEW

SATURDAY, MAY 21, 2016 Main Event:  1:00pm (Prelims: 10 am – 12 noon)

Walter Pyramid @ California State University Long Beach

  • 2016 US SUMO OPEN - Official Teaser
  • 2015 US SUMO OPEN trailer of full show

The 16th annual US Sumo Open was intense. A sold-out crowd of 4,000+ watched 55 wrestlers participate in nearly 200 matches. The 4-time World Sumo Champion Byamba reclaimed glory, with a 13-0 record, winning both heavyweight and openweight divisions, undefeated. After getting gold for 8 years in a row, he only got silver in 2015, so 2016 was big redemption for him. American standout Roy Sims won silver in both divisions, beating everyone else except Byamba.

The 37 foreign competitors were dominant, with most medals going to Mongolia, Russia, Egypt, India, and Poland. Aside from the women’s heavyweight (with no foreigners competing), the only earned medals for Americans went to Roy Sims. The 12 female competitors were the most ever at a US Sumo Open, in 16 years!

The competition level was spectacular, attracting many medallists from the World Sumo Championships, including Aron Rozum (Poland) and Batyr Altyev (Russia). Even Olympic wrestling gold medallist Karam Gaber, trying sumo for the first time, could not get past the quarter-finals in the middleweight division!

The US Sumo Open was held for the 3rd year in a row at the Walter Pyramid, a dynamic venue with great views from all angles, and the largest big screen in ALL of college sports, nationwide, so you’ll catch instant replays and sumo videos throughout the tournament!

新聞連結

發表於 Uncategorized | 發表迴響

Mongolian team wins Hakuho Cup for the first time

By B.TUNGALAG

The Mongolian sumo team won a gold medal for the first time at the sixth Hakuho Cup international junior sumo wrestling tournament, named after Mongolian Yokozuna (Grand Champion) of Japanese professional sumo Hakuho M.Davaajargal, was held last weekend in Tokyo, Japan.
Mongolian junior sumo wrestler A.Sosorkhuu from Bayankhongor Province won a gold medal and E.Javkhlantugs won a bronze medal in the 10-year-old category.
Over 1,200 junior sumo wrestlers from five countries, namely the USA, China, Japan, Mongolia and South Korea, competed in the tournament.
In addition, Hakuho’s eight-year-old son D.Munkhjargal competed in the tournament but did not qualify for a medal. His parents were comforting him after his loss.
Hakuho M.Davaajargal visited to see Mongolian junior wrestlers’ training during the tournament and gave advice on techniques.

新聞連結

發表於 Uncategorized | 發表迴響

European Continental Sumo Championships 2016 4th Youth older, under 23 years

新聞連結

發表於 Uncategorized | 發表迴響

Results European Continental Sumo Championships 2016 21th Senior, Men and Women

新聞連結

發表於 Uncategorized | 發表迴響

大相撲五月場所「優勝・三賞インタビュー」を公開しましたNEW!

平成二十八年五月場所

優勝力士

幕内優勝

東横綱 白鵬(ムンフバト・ダヴァジャルガル  )
(15勝0敗)
宮城野部屋 昭和60年3月11日生 (31歳)
モンゴル・ウランバートル出身 平成13年3月場所初土俵

 37回目の優勝を全勝で決めました、白鵬であります。
来場所、暑い名古屋場所ですが、
また熱い応援の程よろしくお願いします。

左のアイコンをクリックすると動画が始まります。

十両優勝

東十両三枚目 千代の国(澤田 憲輝)
(12勝3敗)
九重部屋 平成2年7月10日生 (25歳)
三重県伊賀市出身 平成18年5月場所初土俵

幕下優勝

西幕下五十八枚目 小柳(小柳 亮太)
(7勝0敗)
時津風部屋 平成5年9月22日生 (22歳)
新潟県新潟市北区出身 平成28年3月場所初土俵

三段目優勝

西三段目四十四枚目 琴太豪(河津 大飛)
(7勝0敗)
佐渡ヶ嶽部屋 平成5年1月14日生 (23歳)
大分県日田市出身 平成23年5月技量審査場所初土俵

序二段優勝

西序二段十枚目 玉木(玉木 一嗣磨)
(7勝0敗)
高砂部屋 平成5年5月29日生 (23歳)
三重県伊勢市出身 平成28年1月場所初土俵

序ノ口優勝

西序ノ口十枚目 池川(池川 勇気)
(7勝0敗)
八角部屋 平成5年6月2日生 (22歳)
大阪府松原市出身 平成28年3月場所初土俵

三賞力士

殊勲賞

該当無し

敢闘賞

西前頭八枚目 御嶽海(大道 久司)
(11勝4敗)
出羽海部屋 平成4年12月25日生 (23歳)
長野県木曽郡上松町出身 平成27年3月場所初土俵

 初めて敢闘賞を受賞しました、御嶽海です。
今場所は自分の相撲が取れて、三賞取ることができたので、
来場所の名古屋場所では、上の人と当たりますけれども、
精一杯戦うつもりです。
応援よろしくお願いします。

左のアイコンをクリックすると動画が始まります。

技能賞

西前頭四枚目 栃ノ心(レヴァニ・ゴルガゼ  )
(10勝5敗)
春日野部屋 昭和62年10月13日生 (28歳)
ジョージア・ムツケタ出身 平成18年3月場所初土俵

 栃ノ心です。初めての技能賞です。
また名古屋で頑張ります。
応援よろしくお願いします。

左のアイコンをクリックすると動画が始まりま

 

發表於 Uncategorized | 發表迴響

引退力士情報

平成二十八年五月場所

引退力士情報

平成28年5月25日発表

番付 しこ名 かな読み 部屋
西幕下四十九枚目 水戸豊 みとゆたか 錦戸部屋
東三段目十枚目 豊後錦 ぶんごにしき 出羽海部屋
西三段目九十枚目 大子富士 だいごふじ 錦戸部屋
西三段目百枚目 大鷹浪 だいおうなみ 立浪部屋
西序二段二十四枚目 岩上 いわがみ 峰崎部屋
西序二段三十六枚目 磯東 いそあずま 玉ノ井部屋
東序二段五十六枚目 智ノ富士 とものふじ 伊勢ヶ濱部屋
東序二段八十九枚目 大幸山 だいこうやま 出羽海部屋
西序二段九十五枚目 朝金井 あさかない 高砂部屋
西序ノ口二枚目 翔希 しょうき 宮城野部屋
西序ノ口五枚目 栃乃国 とちのくに 春日野部屋
西序ノ口八枚目 北勝若 ほくとわか 八角部屋
東序ノ口九枚目 清武蔵 きよむさし 武蔵川部屋
西序ノ口二十二枚目 朝日海 あさひうみ 尾車部屋
番付外 木瀬乃翔 きせのしょう 木瀬部屋

引自 日本相撲協會

發表於 Uncategorized | 發表迴響

北海道媽媽母親節揮汗相撲賽場

2016/05/09

      在5月8日的母親節,日本北海道福島町舉行了一年一度的只有女性參加的「女子相撲大會」。福島町作為千代山和千代富士兩位橫綱級相撲選手的出生地而廣為人知。

來自北海道和東京的62位女大力士參加了角逐。在賽場下,上千名觀眾高呼「媽媽們加油!」等,為場上選手助威。

最終,來自札幌市的卡車女司機,號稱「胖子山」的山本靜香戰勝了來自北海道北廣島市的田邊千乃,成為史上首位連續4次稱霸這一賽事的選手。

北海道福島町舉行的「女子相撲大會」(5月8日)

新聞轉載自 NIKKEI日本經濟新聞中文網

發表於 Uncategorized | 發表迴響

第四屆國際女子相撲錦標賽集訓剪影

第四屆國際女子相撲錦標賽比賽前我國選手在大阪努力練習之剪影
在各國參與的競爭中,我國女子選手們努力不懈,展現出必勝決心,終獲得優秀的佳績,她們的努力是值得肯定的。
親愛的選手們,您們是台灣之光,2016 國際女子相撲賽選拔(核銷用)_8686 2016 國際女子相撲賽選拔(核銷用)_1238 2016 國際女子相撲賽選拔(核銷用)_9289 2016 國際女子相撲賽選拔(核銷用)_7576 2016 國際女子相撲賽選拔(核銷用)_7808 2016 國際女子相撲賽選拔(核銷用)_3710 2016 國際女子相撲賽選拔(核銷用)_2885_0 2016 國際女子相撲賽選拔(核銷用)_4216 2016 國際女子相撲賽選拔(核銷用)_540 2016 國際女子相撲賽選拔(核銷用)_8386 2016 國際女子相撲賽選拔(核銷用)_2885以您們為榮。

發表於 國際賽事, 活動剪影 | 發表迴響

2016 國際女子相撲大賽 中華台北隊 趙羿禎選手,榮獲特別獎

84747 8474612974510_621606754657836_8680243875899206497_n 12993465_621606794657832_3294877274136633889_n
地點: 日本.大阪

中華台北隊 趙羿禎選手,榮獲特別獎,為世界女子賽唯一獲得全體審判委員及裁判團認定,全賽程最優秀表現技術之選手。

發表於 國際賽事 | 發表迴響

2016國際女子相撲個人賽 趙羿禎選手

發表於 國際賽事 | 發表迴響